通販物流のメリット・デメリットとは?

個人運営のネットショップで配送業務も行うのはかなりの負担

ネットショップを運営するにあたって、商品を抱えて配送を行うというプロセスはかなりの負担になります。たとえば、自宅をオフィスにした場合、商品をどこかの部屋にまとめて置かなければなりませんし、注文を受けるたびに伝票を書いて配送業者に連絡し、来てもらって荷物を引き渡すのも手間です。顧客向けにメールマガジンを発行したいなどと思っても、配送手続きに追われて結局、なにもできないということもあるでしょう。
こういった状況を打開するための方法として、通販物流を外部に委託というものが挙げられます。委託すれば、商品の発送に関することは完全に切り離すことができるので、ネットショップの運営により時間を割くことが可能です。

委託すれば配送手続きから解放されるがリスクも

では、通販物流を外部に委託する場合のメリットとデメリットはどのようなものがあるでしょうか。まずメリットですが、商品の保管に場所を提供したり、気を遣わずに済むようになるというものが挙げられます。もちろん、配送手続きに追われることもありません。
一方、デメリットとして挙げられることにはどのようなものがあるかというと、まず、トラブル時の対応速度が遅くなる可能性が高いということです。商品が届かない、あるいは破損していたという場合、通販物流の委託先に確認し、回答を待つというプロセスが発生するので、その分、遅くなってしまうのです。
また、顧客の情報を委託先も持つことになるので、その分、情報漏洩の可能性が高まるということもリスクとして考えておかなければなりません。

© Copyright Mail Order Logistics. All Rights Reserved.